エッグアートって?



 
  エッグアートは、卵の殻に数々の精密な細工と装飾を施したもので、
   もともとはイースターに卵を贈るという習慣から始まったとされています。

   卵には、その美しいフォルムの中に新しい生命を包み込んでいると
   言われ、REBIRTH(再誕生、復活)という意味が与えられています。

   そのためでしょうか、エッグアートは“希望"“幸福"“祝福"の最高の
   贈り物とされてきました。

   19世紀後半、上流階級の人々の問で流行し、愛蔵のコレクションを披露
   しあって楽しんだと言われています。


          
                            ホームへ戻る